インテリア・設備

住んで初めて実感!第一種換気システムで後悔したくない人の為の確認ポイントを一挙紹介

こんな方におすすめ

  • 第一種換気、第三種換気の違いが知りたい
  • 第一種換気システムが標準装備となっている会社で家を建てることになっている
  • 第一種換気か第三種にするか検討中の方

 私はミサワホームで家を建てたのですが、最初の見積から第一種換気システムが含まれたものになっていました。当時は第一種種換システムが何なのかぐらいは調べたものの、それ以上深く考えることもなく建ててしまったので、後になって色々と不満な点が出てきました。今回は私が実際に第一種換気システムを導入して初めて知ったことや後悔ポイントについて紹介します。マイホーム計画中の方の参考になれば幸いです。

住んでみて初めて知った第一種換気システムの特長も実体験をふまえて紹介します。是非最後まで読んでみてください。

換気システムとは

 部屋の空気を入れ替える(換気する)場合には窓を開けるのが普通でしたが、換気システムとは窓は使わずに換気扇などを使って強制的に空気の入れ替えができるようになっている仕組みのことを言います。なお、建材などから出る化学物質によるシックハウス症候群が問題となったことで、常に部屋全体の空気が入れ替わるように換気設備の設置義務が建築基準法で定められています。

換気システムの種類

 換気システムには換気方法で3つの種類に分けられます。第一種換気は吸気も排気も両方とも機械で行うのに対して、第三種は排気だけ機械で行います。排気だけを機械で行う第三種の方がコストを抑えることができますが、気密が低いと隙間から空気が入り込んで実はうまく換気できない場合があるので注意が必要です。第二種換気は吸気だけ機械で行います。内から外への空気の流れを作ることでドアの開閉時に外部から塵やホコリが入り込みにくいというメリットがあります。ただし気密の高い家では外部の空気が室内で滞留し冬場は結露の原因となるため、第二種換気は住宅ではあまり使われません。病院の無菌室などで良く使われています。

マイホーム計画時には第一種換気(吸気も排気も機械)か第三種換気(排気だけ機械)かのどちらかと覚えておけば大丈夫です。

第一種換気システムのメリット・デメリット

第一種換気システムのメリット
第一種換気システムは熱交換換気装置をつけることで取り込んだ外気を室温に近づけて給気することができます。また吸気の際にフィルターを通すことで外気の花粉や塵などを取り除けます。

第一種換気システムのデメリット
初期、維持、メンテナンス、全てにおいてコストがかかります…。我が家の場合は各部屋へ天井裏には送気ダクトが張り巡らされています。

第三種換気システムのメリット・デメリット

第三種換気システムのメリット
第一種換気に比べ設備が簡単なため費用を抑えて導入することが可能です。さらにフィルターの掃除や交換といったメンテナンスにかかる費用や時間、換気ファンにかかる月々の電気料金といったコストも抑えられます。

第三種換気システムのデメリット
きちんと換気を行うためには住宅に高い気密性能が要求されるため、実は有効に機能していないケースもあります。

ここまでは一般的な第一種換気システムや第三種換気システムについての特長について紹介しましたが、
次は私が実際に住んで感じた第一種換気の特長事前に把握しておけば避けられた後悔ポイントについて紹介します。

実際に住んで感じた第一種換気システムの特長

定期的な掃除が地味にストレス

我が家の場合、2か月に1度は換気システム内の掃除が必要です。ホコリの掃除は別に苦ではありませんが、換気システム部分には吸気の際に入り込んだ虫を捕らえるネットがあり、そのネットの掃除が一番ストレスです。季節や立地、吸気口の向きもよりますが、蚊やコバエやクモなどが大量に捕獲されている場合があるので虫が苦手な人は覚悟しておいた方が良いです。天井に吸気口があるので脚立を使う必要があり、老後もちゃんとメンテナンスできるか正直不安です。

私は虫が苦手なので個人的には定期掃除がイヤですね…。

ずっと鳴り続ける環境音

24時間換気システムが稼働しているので、ずっと「んーーーーーーーーー」っと部屋の中で機械音が鳴っています。家の気密性や構造によって多少は変わってはきますが、病院など公共施設に居る気がして最初はなかなか落ち着けまけんでした。もちろんリビングや台所などではそれ以外の生活音の方が大きいので気になりませんが、寝室や書斎など静かな部屋では耳に入ってきます。

事前に把握しておけば避けられた第一種換気システムの後悔ポイント

ダントツの後悔ポイント「ご近所宅と吸気口の位置」

我が家の場合は第一種換気システムの吸気口が隣宅のキッチン換気扇の排気口と向かい合う位置に設置されてしまっていました。その為、焼き魚の匂いがダクトを通って各部屋に送られてくる日もあり、かなりのストレスとなっています。もちろん、寝室にも充満しています。我が家の方が後に建てているので、事前に気づいていれば避けられたポイントなだけに悔やまれます。

お隣さんと窓の位置は気にしても、吸気口の位置まで気にしてくれるハウスメーカーも少ないのだと思います。

換気システムの室内吸気口が脱衣所にある

我が家の第一種換気システムは熱交換機能を有しているタイプのですが、何を考えたのか室内空気の吸気口が脱衣所の浴室出入り口手前に設置されています。浴室からでた際の湯気もホコリとともに吸い込んでしまい室内吸気口には湿った埃がこびりつきやすくなっていました。更に我が家の脱衣所は北側で日当たりも悪いので夏は暑く冬は寒い空間となっていますので、効率よく熱交換できるとも言いにくく、もう少し考えた位置になっていればと後悔しています。

換気システムも考えた間取りの設計をしましょう

夢のマイホームなので検討の段階で色んな要望が出てくると思いますが、間取り検討時にちゃんと考えたうえで決めたことであれば、まだ納得はいくと思います。でもほんの些細なことであっても「あの時、気づいて少しでも考えていれば…」というパターンはどうしても悔やまれてしまいます。間取りの設計時も含めてダクトの位置については何の相談もありませんでした。「別に言わなくても過去の設計の経験からイイ感じにやってくれるだろう」と思って何も設備関連は私もお任せしっぱなしで特に意識していませんでした。マイホーム計画でも仕事でも何事も思い込みは捨てることが重要と改めて気づかされた事例です。

多少「面倒な客になってないかな?」と遠慮してしまう気持ちはとても良くわかりますが、後々になって問題になってしまってはお互いに良くないので遠慮せずすべて確認していくようにしましょう。

オススメ「家づくり計画書」作成の無料サービスを試してみよう!

  • 注文住宅を建てたいけど何から始めればいいのかわからない
  • ハウスメーカー、工務店、何が違うの?会社がいっぱいあってどの会社がいいかわかならい
  • 今の収入で無理なくローンが組める範囲ついて知りたい
  • 気になるハウスメーカーはあるけど、住宅展示場へいく時間がない

1つでも何か当てはまった方は
家づくりの第一歩は タウンライフ家づくり を是非利用してみてください!

タウンライフ家づくり
手軽に試せて全て無料!

無料で間取り・見積もりをGET!

今なら「成功する家づくり7つの法則」も無料でGETできるのでとてもお得です!

人気があるのには理由があります。無料ですし一度試して体感してみてください!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アラフォーパパ

ミサワホームで念願のマイホームを手に入れたアラフォーパパ(2児)です。マイホーム計画中に独学で勉強したことや住んでみて気づいた事をベースに暮らし・子育てに関わる情報を発信しています。

-インテリア・設備
-, , ,