全般

【家づくり】マイホームで後悔しない土地探しの方法

土地選びは家づくりの中でも最も重要な工程の1つです。それ以降の間取り設計時、建築途中、住んでからなどで後悔しない為の土地探しのポイントについてご紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • マイホーム検討中だが何から手をつけていいのか分からない
  • マイホーム検討中で土地探しをしている
  • なかなか土地探しが思うように進まない

ポイント

家づくりの土地探しで後悔する前にまずは無料の相談窓口を活用しましょう!

土地探しでのよくある後悔ポイント

家づくりで土地探しが如何に重要となるを感じて頂く為には、まずは後々になってどんな事が後悔ポイントになり得るのか確認していきましょう。

後悔その1:想定外の出費が発生する

安い土地には必ず安い理由があります。しかし、その安い理由の中には土地を探し始めたばかりの素人にはなかなか気づけない専門的なことも多々あります。土地を安く購入できても後々必要になる費用を足しこむと結果的に割高な土地だったという事もあるので注意が必要です。想定外の出費が発生する主なパターンは次の通りです。

①地盤改良工事が必要となる
きれいに整備されていそうに見えても見栄えを良くする為にただ表面だけを整えただけの可能性があります。以前まで家が建っていた土地だからといって改良工事は不要と決め込むのは間違いです。少なくとも古地図で元々どんな地質の場所だったのかは確認しておきつつ、ある程度の改良工事は発生する覚悟はしておきましょう。

②上下水道の引き込み工事が発生
以前まで畑や駐車場だった場合は上下水道の引き込み工事費用が追加で発生します。下水道工事の相場は大体30〜50万ぐらいですが、下水道本管までの距離によって変動しますので場合によっては50万を超える場合もあります。

③道が狭くてトラックやクレーン車が入れず建築作業費用が高くなる
購入した土地の前の道は広かったとしても、そこに行き着くまでの道が狭いとトラック等から建設場所まで資材を人手で運ぶくとになり、安く土地を購入できても建築作業費用が割高になります。「旗竿地は安いので間取りを工夫すれば住み良い家が建てられます」といった謳い文句をたまにみかけますが、あまりに入り組んだ土地の場合には特に注意が必要です。

ハウスメーカーによっては大型クレーン車で建材を搬入します。土地は購入したがクレーン車が入らないので契約したいハウスメーカーに断られたという話もありますので注意してください。

④土地に古家などの建造物が残っている
インターネットで物件を探していたら「古家付」という文言を良く目にするかと思います。文字通り土地の上には以前住まれた方の家が建ったままなので、更地に戻す費用が追加で発生します。実際に撤去作業を始めたら地中から廃材が出てきてトラブルになる場合もあります。追加費用有無も問題ですが「工期がズレてしまう」という影響も大きいかと思います。

⑤土地の高低差により盛土/擁壁工事が必要となる
購入した土地が周辺の土地や道路よりも低い場合は雨などが流れ込んで来てしまうので盛土が必要になります。逆に高すぎる場合は車の乗り入れの為に段差を無くしたり、崩れないように擁壁工事が必要になります。2mを超える擁壁の新設が必要な場合は、擁壁の工作物申請をした後で建物の建築確認申請をすることになるので工期にも影響してきます

後悔その2:思っていたほど土地を有効活用できない

エリアによっては土地の面積に対して建物の広さや高さ等について制限があります。代表的なものは「建ぺい率」や「容積率」などがあります。「建ぺい率」は土地に対する建築面積の割合建物面積の上限を定めたもので「容積率」は土地の面積に対する建物の立体的な容積比率となります。様々な制限下でどれぐらいの広さまで家が建てられるのかは専門家でないと見誤る可能性があります。ほとんど家を建てるスペースのない土地を買ってしまったという事にならないように買う前には建築会社に確認してもらうなど、後先考えずに焦って買わないようにしましょう。

後悔その3:災害リスクの高い土地だった

ここ数年特に「観測史上初」の災害が多いです。せっかく建てた夢のマイホームが浸水などに遭わない為にも、各市区町村の役所が公開しているハザードマップを必ず確認するようにしましょう。津波だけでなく、大雨による河川の氾濫や浸水危険エリア、過去の浸水履歴なども公開されている場合があります。

後悔その4:昼夜の騒音や臭いがひどい

近くの道路の音がうるさかったり工場からの臭いが流れてくるなどが後悔ポイントとなる場合があります。インターネットや紙広告では分からないですが、googleマップやストリートビューなどで土地の近くに大きな道路がないかや臭いの元となりそうな工場やドブ川のような用水路が近くにないかなどは最低限確認しておくようにしましょう。

特に小さくても用水路があったりすると夏場は蚊が発生したりしますので注意が必要です。

後悔しない土地探しの具体的な方法

どうすれば後悔しない理想の土地にめぐり会えるのか紹介致します。

予算から逆算して土地にかけられる費用を守る

家づくりでは契約時の見積金額より高くなることの方が多いです。更に建築費用以外にも引越しや新しく買い換える家具や家電のお金などの諸費用は住宅ローンとは別に必要になってきます。最初から予算を土地で使ってしまうと、後の間取り検討時に予算不足で要望を断念することになってしまうため、最初に決めた土地の予算を守るようにしてください。

エリアをしぼる

絶対にここのエリアに住みたい!という強い意志がなくても、まずは2、3エリアぐらいには絞りましょう。闇雲に探していても時間ばかりかかりますし「まだ理想の土地があるのでは?」と思う為、いつまでたっても家づくりが進みません。エリアを絞れば土地の相場も分かるので、そもそも自分達の予算的にも合ったエリアなのかも早めに判断できます。

一緒に土地探しから手伝ってくれる会社を探す

土地探しも一緒にやってくれる建築会社など土地探しのプロの手を借りましょう。SUUMOのような検索サービスに登録した場合には手数料が徴収されるので、新規物件情報はまず建築会社の不動産部門などに連絡されます。その為、建築会社はインターネットで検索しても出てこないような物件情報を沢山持っていますし、対象エリアの不動産会社との繋がりで掘り出し物件を見つけてきてくれる可能性が高いです。それに加えて家を建てる際の制約事項も事前に把握した上で土地を探してきてくれるので、後になって想定外の出費がかかるといった可能性も低くなります。

私は住宅相談の窓口に相談して土地探しからお手伝いしてくれる建築会社を無料で紹介してもらいました!

希望の土地の条件をリストアップする

いつまでたっても土地が決まらない理由としては、選定基準が明確でないからです。基準が曖昧なので「もっといい土地があるのでは?」と思って決断できずにいて他も探している間に、他の人に買われてしまって振り出しに戻ってしまうのです。

「理想の土地とは何なのか」をご家族で話し合って土地の条件を10個ぐらいは書き出して下さい。例えば土地候補が6個以上の条件をクリアしていれば「その土地は買い」と判断すると良いでしょう。

ちなみに我が家が話し合ってきめた土地選びの条件は

  • ●●駅から徒歩15分圏内
  • 1km圏内に小学校がある(未就学の子どもが居たため)
  • 日当たりが良い
  • 旗竿地でない
  • 分譲地か近くに分譲地がある(同じ世代が居やすい)
  • 大きな道路沿いでない(空気が悪くなったり洗濯物がホコリっぽくなる)
  • 凹地エリアでない(周囲より低い土地だと大雨で水が溜まるため)
  • ハザードマップで浸水・土砂崩れの心配がない
  • 建ぺい率換算して建物敷地●坪ぐらい使える

といった内容でした。条件を考える際に参考にしてみてください。

実際に足を運ぶ

実際に希望となるエリアを実際に歩いてください。そうすれば古家を壊して更地に戻している最中で「売りに出る前の土地」であったり区画整理中や分譲を開始し始めたばかりの土地になどインターネットでは出てこない土地に出会う事があります。気に入った土地があった場合、更にその周辺をゆっくり散策してみてください。街中をすれ違う住人はどんな人なのか、「子育て世代が多い」「セカンドライフを楽しむ団塊世代が多い」など、町全体の雰囲気がつかめます。また朝や夕方など時間帯をずらせば車の交通量も変わってきます。土地の目の前の道が思っていたより車の交通量も多くスピードも出ていて危なかったなんてことなど、実際に足を使わないと分からない情報を得られたりします。

まとめ

今回は後悔しない為の土地探しのポイントについてご紹介してきました。土地選びは家づくりの中でも最も重要な工程の1つです。土地が決まれば家づくりは一気に具体的に進んでいきますし、建築会社との打ち合わせも自分の夢が形になっていくとても楽しい時間です。その時間に集中できるようにするためにも、土地選びで失敗したくない!既に候補の土地は見つかっているが失敗していないか不安だ!というかは、早めに建築会社に相談してみてください。

まだ会社も決まっていないという方は、是非住宅相談窓口で土地探しから協力してくれる建築会社を紹介してもらってください。あなたの希望にあった間取りまで提案してくれる会社を全て無料で紹介してもらえます。

【無料】住まいの窓口の詳細はこちら

【無料】注文住宅相談センターの詳細はこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アラフォーパパ

ミサワホームで念願のマイホームを手に入れたアラフォーパパ(2児)です。マイホーム計画中に独学で勉強したことや住んでみて気づいた事をベースに暮らし・子育てに関わる情報を発信しています。

-全般
-, , ,