間取り

注文住宅の階段選びで後悔しない為の設計ポイント

注文住宅では間取りを自由に決められる分、どこにどのような階段を配置するかによって家の雰囲気や生活動線が大きく変わります。今回はそんな階段の種類やメリット・デメリットを紹介いたします。階段について知ることで後悔ポイントの無い間取り作りの参考になれば幸いです。

こんな方におすすめ

  • 間取りを検討中の方
  • マイホーム計画中の後悔ポイントを知りたい方

最後に我が家の階段に関する後悔ポイントについてもご紹介いたします。

階段の種類とメリット・デメリット

まずは階段の種類別にメリットとデメリットを簡単に説明いたします。

圧倒的採用率の箱型階段

多くの会社で標準仕様となっている種類が箱型階段です。段板と段板の間にある「蹴込(けこみ)」という部分で箱になっている為、その空間を収納やトイレなどに活用することが多いです。※蹴込とは段板に足を置いた時につま先が当たる部分のことです。

箱型階段

我が家も箱型階段を採用し、階段下には納戸を用意しました。収納力があってとても重宝しています。

リビング階段によく合うオープン階段

オープン階段

箱型と違って「蹴込」がない階段のことです。蹴込が無いことで階段の下まで視界が通りやすくなっているので空間が広く見えますし、デザイン性も高い為、リビング階段で採用されることが多くなっています。ただし、ほとんどの会社は箱型を標準としているので、オープン階段にする場合は追加費用がかかることが多いです。スケルトン階段やシースルー階段とも呼ばれたりしますが全て同じです。

スタイリッシュなフローティング階段

フローティング階段

オープン階段とほとんど同じなのですが、段板が浮いているように見える場合にはフローティング階段と呼びます。通常の施工方法とは異なってくる為、他と比べてかなり費用もかかりますし、普通の住宅メーカーで対応してもらえない可能性があります。

階段の種類別メリット・デメリット

メリットデメリット
箱型階段・階段下の空間を収納などに活用できる
・オプション料金は発生しない
デザイン性で他と比べて劣る
オープン階段・空間が広くみえる
・デザイン性が高い
・風通しがよい
・オプション費用がかかる
・階段下を収納スペースに使えない
・段板の間から小さな子どもが落ちる
フローティング階段・デザイン性がとても高い
・空間が広く見える
・光が抜けて部屋が明るくなる
(オープン階段と同じ)
・施工できる会社が少ない

フローティング階段じゃないとダメだ!というのであれば、最初からそれを前提とした会社選びが必要です。

段板の並べ方による階段の違い

段板の組み方によっても階段を分類できます。並べ方によって階段に必要な面積や有効活用できるスペースも違ってきます。箱型、オープン型などと組み合わせることで階段は様々な表情を持つようになります。どれが自分のイメージに合うのかも考えてみてください。

ストレート型

その名の通り段板が上まで一直線に並んでいる階段です。デザイン性が高くインテリアの中心要素としても使える為、オープン階段と組み合わせたリビング階段として採用されることも多いです。昇り降りしやすい反面、踏み外すと下まで転げ落ちてしまう為、小さい子どもや高齢の方がいるご家庭は注意が必要です。

折り返し型

途中で180度折り返すように段板が並んでいる階段です。

折り返し階段例

上から見るとコの字のような形をしている為、「コの字階段」や「U字階段」とも呼ばれます。また折り返して部分が平らな踊り場になっておらず段板が続いている場合には回り階段とも呼ばれたりします。他の並べ方と比べると設置面積を抑えることができ、更に箱型と組み合わせる事で階段下にトイレを配置するなど空間の有効活用が可能です。

L字型(かね折れ)

L字を書くように途中で90度に曲がりながら段板が並んでいる階段です。建物の壁側に沿って設置させるパターンが多かったですが、最近はリビング階段として採用し90度曲がる部分に合わせてスキップフロアを設ける間取りも増えてきています。スキップフロアを在宅勤務用のワークスペースにしたりキッズスペースにしたり、子育て世代には特に人気です。

カーブ・らせん型

カーブを描きながら段板が組まれている階段です。カーブの角度によってはらせん階段にもなります。らせん階段であれば既製品もありますがオーダーメイドになる場合もあり、どちらにせよ費用はかなり割高となります。

階段をどこに配置するのか

階段をどこの位置にするのかも生活スタイルに大きく影響しますので、しっかりイメージしておく必要があります。

玄関ホール階段

玄関ホールの階段
玄関ホール階段例

玄関ホールに階段を設置するパターンです。階段下をシューズクロークなどの収納に活用したり、階段部分を吹き抜けにして大きな玄関ホールにすることも可能です。1階リビングの場合はリビングの音や匂いが2階まで届きにくいというメリットがある反面、リビングに居る人の目に留まることなく玄関から直接2階に上がれてしまうというデメリットがあります。

リビング階段

リビング階段
リビング階段例

リビングに階段を設けることでリビングが家族の生活動線の中心となり、リビングで自然と家族が顔を合わせる機会が増えるような間取りにできます。階段ホールの天井とリビングの天井をつなげることで吹き抜けのような天井高のあるリビングにしたり、L字型階段の途中でスキップフロアを設けてキッズスペースにしたりと、少し変わったリビングにもできるため最近特に人気の間取りとなっています。

スキップフロアイメージ画像

ただ、家の断熱性能が高まってきているとはいえ冷気や暖気が2階へと逃げるので全館空調の家でない場合は注意が必要です。一方で全館空調の場合は家の気密性が高い為、リビングの音が2階まで響いてきます。2階に勉強スペースを設ける場合は遮音性のあるドアをつけた個室にするなどの考慮が必要です。

我が家の階段の後悔ポイント

ここまで注文住宅における階段設計のポイントについて紹介してきましたが、最後に我が家での階段の後悔ポイントについて紹介したいと思います。

階段の折り返し部分が狭い

我が家では折り返しのある箱型階段を採用しているのですが、折り返し部分に踊り場が無いタイプとなっています。その為、画像の通り手すりを持ちながら降りていく場合には段板が狭く踏み外しそうになります。

大人であれば外側を進んでも手を伸ばせば手すりに手は届きますが、5、6歳くらいの小さい子どもは届きません。階段を昇り降りする際には必ず手すりをもつことと教えるのですが、そうするとどうしても狭い部分を歩くことになってしまうので朝寝ぼけながら降りてきたときに転げ落ちてこないか心配です。

手すりを外側につけてしまうと階段ホール内のアクセントクロスが台無しになってしまう為、手すりは今の通り内側でよかったのですが、段板はサイズを大きくとって折り返し部分の傾斜を緩やかにしておけばよかったと後悔しています。

段板の配置はこのようなイメージです。

折り返し階段の傾斜が緩やかなイメージ

まとめ

今回、階段の種類やそれぞれの特長に関してメリット・デメリットも踏まえて紹介してきました。階段の設置場所や採用する階段のタイプによって家の雰囲気は大きく左右されますので、間取りを考えるうえでとても重要となってきます。単に「2階へ行くための通路」と捉えるのではなく、それぞれの特長をおさえたうえで階段に何を求めるのかを改めて考えてみることで、家の間取り作成はぐっと完成に近づいていくことでしょう。後悔のない間取りづくりに少しでもお役に立てれば幸いです。

「リビング階段と組み合わせたスキップフロアを作りたい!」など、間取りで具体的な要望がある場合は契約前にそういった間取りが可能なのかを確認しておくことが重要です。特にスキップフロアなどは特殊な構造になるため、耐震性などの問題で会社によっては思っていたようなスキップフロアを実現できないという場合もあります。事前に確認しておくようにしてください。

タウンライフなら条件に合った理想の間取りを提案してくれる注文住宅会社を無料で紹介してもらえます

【無料】簡単5分で間取りプランの手配完了

マイホームを検討し始めたいけど、何から始めたらいいか分からないという方もなんとなく住宅展示場とかへ行くのではなく、是非一度試してみてください。

オススメ!
  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アラフォーパパ

ミサワホームで念願のマイホームを手に入れたアラフォーパパ(2児)です。マイホーム計画中に独学で勉強したことや住んでみて気づいた事をベースに暮らし・子育てに関わる情報を発信しています。

-間取り
-, , , , ,