マイホーム計画 外構 未分類 間取り

家づくりの意外な後悔ポイント!?排水桝の位置にご注意下さい!

家づくりで最も重要なのは「いかに自分達の生活スタイルに合った間取りを実現できるか」という意見はよく見聞きするかと思います。外構についても同じことが言えるのですが、屋内の情報に比べて外構についての情報はまだまだ少ないのかなと思います。我が家も外構では悩みの種に繋がった後悔ポイントが多々ありました。今回はその中でも「排水桝(はいすいます)」に関わる後悔ポイントについて紹介したいと思います。

マイホーム計画時には誰も教えてくれることもなかったので是非参考にしてもらえると嬉しいです。

排水桝とは?

トイレやお風呂、洗面所やキッチンなどの家の中で発生した汚水を下水道などへ流していくために敷地内には配管が埋められているのですが、配管の途中で折れ曲がる部分や配管同士が合流する部分には「排水桝」と呼ばれる点検口が用意されています。

排水桝は直径20cm程度の白くて小さなマンホールのフタみたいなものです。

普段は何も意識することはないですが、配管が詰まったり水の流れが悪くなったときにはフタを開けて配管の状態を確認するので、普段から排水桝の上には何も置かないようにする必要があります。

排水管の中は洗剤や食品カスや油がキッチンから流れていく為、実は配管の中に少しずつ汚れが蓄積していきます。そのままにしていると悪臭や配管のつまりの原因になりますので年に1回程度は排水桝を掃除しておく方が良いです。放置しすぎて配管の痛みが激しい場合は配管ごと交換になる場合もあるので注意が必要です。

なかなか気の進まない部分の掃除ですがせっかく建てたマイホームを長持ちさせる為にも日頃のメンテナンスは意識的にやっておきたいところです。

自分でできる排水桝の掃除方法

排水桝は軽度な汚れであれば個人でも掃除が可能です。

マイナスドライバーで排水桝を開け、そこからホースリールの「ジェット」モードで水圧をかけて配管の中を水で流すだけでOKです。高圧洗浄機でなくてもある程度汚れは流れていきます。

排水桝の開け方

これをしておくだけでも汚れの蓄積は全然違ってきます。

オススメのホースリール

安心のアイリスオーヤマ製品です。近所のホームセンターでは青いホースのよくあるタイプばかりでしたが、これなら見た目も良いので出しっぱなしでも問題ありません。

排水桝の位置がまさかの後悔ポイントに…

そんな普段は全く注目されない排水桝ですが、我が家の場合は後悔ポイントへと発展していきました。

物置設置予定スペースに排水桝が密集!

子どもの外遊び玩具、キャンプやガーデニング用品などで、いつかはシューズクロークに置ききれなくなることを想定していたので、ゆくゆくは家の裏手に物置を設置しようと考えていました。

しかし、いざ現場を確認してみると、洗面所や風呂場の排水口から流れてくる配管とキッチンの排水が合流する箇所、下流に向かって折れ曲がる箇所などにより、物置設置予定の場所には排水桝が密集していることに気付きました。

物置設置予定場所の排水桝
物置設置予定場所にある排水桝

先述の通り、排水桝は定期的にフタを開けて掃除したり点検が必要になったりします。希望の位置にそのまま物置を設置してしまうと、排水桝を2つも潰すことになります。

対策:底上げして排水枡のメンテナンス空間を確保

通常物置を設置する場合は物置のサイズに応じて地面との設置面にコンクリートブロックを設置するので、多少は地面と隙間はできます。しかし、施工作業に付属するコンクリートブロックは幅10cmしかありませんので、排水桝の蓋を開けたりするには狭すぎます。

私の場合はホームセンターで200×200×200の束石を下に敷くことでフタを開けたりするぐらいの最低限の高さを確保しました。

排水桝を意識した物置の基礎部分
排水桝を意識した物置の基礎部分

上から覗き込むことは難しいですが鏡を使えば見えますし、ホースリールの持ち手の部分は余裕で中に入りますので普段のメンテナンスをする分にはこれで十分かなと思っています。

排水桝を意識した物置の基礎部分
排水桝のメンテナンスを考慮した物置の基礎部分
排水桝を意識した物置の基礎部分
排水桝のメンテナンスを考慮した物置の基礎部分

注意

この方法だと地面から高すぎて転倒予防のアンカープレートの設置ができません。風で転倒したり地震等でブロックからズレて転倒するといった事も考えられる為、出来るだけ施工するようにしましょう。

設置業者さんには断られてしまったので時間をみつけて自分でやろうと思ってます。

まとめ

今回は外構に関わる話での後悔ポイントとして、排水枡の位置について紹介させて頂きました。

キャンプやBBQ用品、DIY用品などの荷物が多くなってきたら物置を設置しようとお考えの方は多いと思います。物置設置にはアンカー工事が必要となりますが、排水桝の位置によっては想定していた場所には設置できない場合があります。マイホーム計画時には物置設置予定として排水桝が来ないようにと予め要望として伝えておくべきだったなと思っています。まだ設計中の場合も間に合うかもしれませんので是非施工会社に問い合わせてみてください。

快適なマイホームの完成に少しでもお役に立てれば幸いです。

オススメ

まだ住宅会社が決まっていない、提案を受けたが迷っているという方は是非タウンライフの注文住宅相談センターに相談して下さい。

家づくりの知識・経験豊富なアドバイザーが第三者視点であなたに合った住宅会社を全て無料で紹介してくれます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アラフォーパパ

ミサワホームで念願のマイホームを手に入れたアラフォーパパ(2児)です。マイホーム計画中に独学で勉強したことや住んでみて気づいた事をベースに暮らし・子育てに関わる情報を発信しています。

-マイホーム計画, 外構, 未分類, 間取り
-, , ,