インテリア・設備

注文住宅の新築で目立たない位置にテレビアンテナを設置できた理由

注文住宅で家を建てた後、電気やガスなどの開通準備をする際に合わせてやる事としてテレビの受信環境整備があります。

これまで賃貸で暮らしていた方であればテレビにケーブルを挿すだけで番組が映っていたのであまり意識しなかったかもしれませんが、戸建ての場合はケーブルテレビを契約して専用線を引き込んだりテレビアンテナを設置するなど、視聴環境を整える必要があります。

テレビアンテナというと魚の骨のような形をイメージするかと思います。今回は新築戸建に住む際に、屋根の上で存在感を放っているあのテレビアンテナを目立たない場所に設置できた方法についてご紹介いたします。

こんな方におすすめ

  • 建売・注文住宅などの新築戸建へ引越し予定の方
  • マイホームを検討し始める方
  • テレビアンテナがダサいと感じている方

新築でテレビを観れるようにする方法

アンテナを設置する

アンテナを設置する方法が最も一般的です。立地状況によってはブースターなどの周辺機器の追加設置が必要になりますが、4万前後の工事費用をかけて一度設置すればあとは無料でテレビを見続けることができます。ただし、台風などで倒れたり壊れてしまって急に観れなくなったり、映像が安定しないなどのデメリットもあります。

光回線のオプションを契約する

インターネットの光回線を契約している場合、オプションで地デジが見れるようになります。アンテナを設置しないので天候に左右されず映像も安定しています。携帯回線のセット割引などもありますが、毎月数百円程度の費用が発生します。

ケーブルテレビを契約する

ケーブルテレビを契約しても地デジを見ることができます。光回線と同様に天候に左右されず映像が安定しています。光回線オプションよりも月額費用は高く設定されていますが、地デジ以外のコンテンツが多数提供されているので、色んな番組を見たいという方には向いているかもしれません。

テレビを見るためにNHK以外で毎月お金を支払うことに抵抗感がありましたので、私はアンテナ設置を選びました。

テレビのアンテナの種類

「テレビのアンテナ」と聞くと魚の骨のような形をイメージするかと思いますが、実際は「八木式アンテナ」「デザインアンテナ」「ユニコーンアンテナ」の3種類あります。それぞれの特長について簡単に解説します。

八木式アンテナ

屋根の上に立っている魚の骨のような形状をしたアンテナです。


(クリックすると楽天ページに飛びます)

地デジがスタートする前から使われているので一番馴染み深いアンテナだと思います。受信性能も高いうえに他のアンテナと比べて設置コストが安く済みますが、台風で向きが変わってしまうと急に見れなくなってまったり、ハトが止まって糞の被害にあってしまう場合があるため注意が必要です。

デザインアンテナ

箱のような形をした地デジ用アンテナで、別名、フラットアンテナ、平面アンテナとも言います。一番標準的な取り付け方法は「壁面設置」と呼ばれるスタイルで風の煽りを受けにくいため、強風による倒壊しにくくなっています。また太陽光パネルが設置されていて屋根にアンテナを立てることが難しい場合にもデザインアンテナであれば壁面に設置可能なため、採用されることがあります。ベランダのフェンスなどへも設置可能ですが、壁面に取り付ける際には外壁にビス穴をあける必要がある為、外壁に傷をつけられたくない方は避けた方が良いかもしれません。


(クリックすると楽天ページに飛びます)

ユニコーンアンテナ

アンテナの国内大手メーカーであるマスプロ電工が2017年に開発したポール型の地デジアンテナです。破風板(「はふいた」…雨どいの付いていない屋根の先端にある板)や屋根上などデザインアンテナよりも高い位置に設置が可能なため、強い電波を受信できます。


(クリックすると楽天ページに飛びます)

アンテナ工事をするタイミング

1.住宅会社がアンテナ設置をする場合
2.施主が専門業者を手配して設置する場合

とで施工計画が大きく変わります。

テレビアンテナは給湯器や床暖房といった家の設備という扱いではなく、どちらかといえばアンテナはテレビと同じ「家電」扱いだと考えていただく方がイメージが湧くかもしれません。

1.注文住宅の施工範囲に含まれている場合

基本的に施主は「目立たない位置に設置してほしい」と希望を伝えるだけです。特にその後は建築工事の現場のスケジュールに合わせてアンテナ工事は行われますので施主は何もしなくて良いですが、全てやってもらえる分、費用はかなり割高になります。ただし、家庭によってはテレビアンテナはつけない場合もある為、たいていの場合はアンテナ設置工事は最初の見積もりに含まれていません。施工会社にアンテナ設置までお願いしようと思われている場合は最初からお願いする旨を営業に伝えておく必要があります。

2.建売住宅または施主手配をする場合

屋根に登ったり高所作業になるので足場が組まれている時に設置するのが良いのでは?と思われるかもしれません。

しかし、建築作業中は正確な電波状況を把握できません

それは建築作業中には足場以外にも周囲に防粉・防音ネットが張られていたりするので、実際に住み始めたときと電波状況が異なってくる為です。

建売も注文住宅で施主手配する場合も通常は引き渡し日から引っ越しをするまでの間にアンテナ工事を行います。

注文住宅でアンテナ設置を計画する場合の注意点

引渡し後、アンテナ業者が現場に入って電波を計測するまでテレビアンテナの設置場所は決められません。

その為、外壁に設ける「配線の取り込み口」や室内へと続くテレビの配線計画についてはアンテナの設置場所をある程度予想して着工前や上棟時に決めておかないといけません。その地域はどの方角に向けてアンテナを設置しているのか事前に周囲の家を確認しておきましょう。

ビルやマンションなどが隣接して建っている場合にはアンテナでは電波を受信できない場合があるので、光回線のオプションやケーブルテレビを契約するしか選択肢がなかったという場合もあります。

アンテナが目立たないように設置する方法

デザインアンテナを壁に設置する

八木式アンテナと違ってデザインアンテナは外壁に設置することが可能です。ユニコーンアンテナと違ってデザインアンテナは数種類の色(黒、白、ブラウン、ライトブラウン)から選べますので、外壁の色に合わせることで外観イメージを大きく崩すことなく設置できます。

ユニコーンアンテナはポール型でデザイン性が上がっているとはいえ、破風板や屋根上に立っていると極太避雷針のようで多少は目立ってしまいます。

屋根裏に設置する

実はテレビアンテナは「屋根裏」にも設置できます。

外観からは一切見えない場所になりますし、直接風雨の影響を受けないのでアンテナ設置のデメリットを解消することができるため、テレビアンテナにとって屋根裏は理想の設置場所です。

ただし電波状況など、ある程度条件が整っていないと屋根裏には設置できません。八木式アンテナやデザインアンテナが屋根裏設置可能ですが省スペースで向きの調整もしやすいデザインアンテナの方が屋根裏設置で採用される傾向があります。

我が家がデザインアンテナを屋根裏に設置できた理由

我が家の南側の屋根には太陽光パネルが搭載されていますが、北側の屋根には何も載っていないため、電波状況次第では屋根裏に設置ができるかもしれないと考えていました。アンテナ設置業者に依頼すると、作業当日に現場作業員の方から「この地域だと恐らく屋根裏は電波の強度が足りないでしょうし、そもそも屋根裏に分配器が来ていないので設置できません」と言われてしまいました。

我が家はミサワホームの「LinkGates(リンクゲイツ)」という「ホームゲートウェイ」のような情報分電盤を用意していた為、屋根裏にアンテナを設置する場合はそこから情報分電盤までケーブルを通してくる必要がありました。もちろん「屋根裏にアンテナを設置したい」という話は設計士との間取り検討中にも話していましたが、当時は分配器の話などは一切出て来てきていませんでしたので、もちろん情報分電盤に繋がる分配器は用意していません。

当日発覚した事実

屋根裏にアンテナを設置したいのであれば建築中に屋根裏まで事前に配線を通しておく必要がありました。

壁面設置に切り替えようかと思いましたが、諦めきれず念のため屋根裏の電波強度を確認してもらったところ、電波の受信強度は問題ありませんでした。

実際に屋根裏の様子を確認してみると「将来子どもがリモート学習などで有線LANが必要になるかもしれない」と思って各部屋へ通していた空配管が屋根裏を通っている事がわかりました。

天井へと続く空配管
各部屋に通していた空配管

空配管は情報分電盤へとつながっているので空配管に切れ込みを入れてケーブルを差しこんでいきました。

天井に貼られた空配管へアンテナからのケーブルを通す
屋根裏配線の様子

緊張しながら待っていると無事に情報分電盤まで配線が通ってきました。

我が家の情報分電盤へ無事にケーブルが到着
我が家の情報分電盤へ無事にケーブルが到着

空配管を通って情報分電盤を経由してリビングから出ているケーブルで改めて受信強度を確認してみると「GOOD」と出ていて数値的にも問題ありませんでした。これで新たに配線を通しなおすこともせずに屋根裏にデザインアンテナを設置できました

屋根裏のデザインアンテナで受信した電波強度
屋根裏のデザインアンテナで受信した電波強度

まとめ

今回は注文住宅で家を建てた後に実施するテレビの受信環境整備について紹介させていただきました。

テレビを見るために月額費用がかかってくるのが嫌な方はテレビアンテナを選ぶことになります。アンテナも3種類ありそれぞれメリットデメリットがありますので選ぶ際の参考にしていただければと思います。

メリットデメリット
八木式アンテナ(魚のホネのような形)・電波受信性能が高い
・設置費用が安い
・強風に弱い

・鳥害にあいやすあ
デザインアンテナ(薄い箱型)・カラーバリエーションがあり外観に馴染みやすい・電波受信性能が低い
・外壁に穴を空ける必要がある
ユニコーンアンテナ(ポール型)・家の美観を損いにくい
・電波受信性能がデザインアンテナより高い
・ポール型のため風の影響を受けにくい
・設置費用が高い
アンテナ種別のメリット・デメリット整理

テレビアンテナが一番目立たない「屋根裏」に設置できた方法についてご紹介いたしましたが、屋根裏に設置するためには、
①屋根裏でも電波が受信できること
②電波が来る方角に高い建物ができる可能性が低いこと
③分配器が屋根裏に来てること
などの条件が整っている必要があります。

どのご家庭でも採用できる設置方法ではないものの、外観イメージを崩さないうえに風雨によるアンテナ機器や配線の劣化も軽減できる理想の設置場所だと思いますので、アンテナ設置を検討される際には是非ご検討いただければと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アラフォーパパ

ミサワホームで念願のマイホームを手に入れたアラフォーパパ(2児)です。マイホーム計画中に独学で勉強したことや住んでみて気づいた事をベースに暮らし・子育てに関わる情報を発信しています。

-インテリア・設備
-, , ,