インテリア・設備

注文住宅の施主支給の実例紹介!施主支給のメリット・デメリットを詳しく解説します。

施主支給とは住宅設備機器や建材など施主が購入して現場へ搬入し、取り付けだけを大工や設備業者、メーカーの施工業者にお願いすることです。ただし、施主が支給する以上、ある程度「自己責任」という部分もあるのが事実です。そんな施主支給で失敗しないために、今回は施主支給のおすすめアイテムや施主支給のメリット・デメリットについて解説していきます。

こんな方におすすめ

  • 施主支給が気になるが失敗したくない方
  • 自分のこだわり製品を家の設備に採用したいと思っている方
  • 注文住宅を検討し始めた方

私が実際に施主支給したものも紹介しますので是非最後まで読んでください!

施主支給のメリットとは

メリット1.好きなものを自由に選べる
住宅会社によってはその会社が普段取引している会社の標準カタログの中から選ぶだけという場合があります。せっかくの夢のマイホームですからドアノブなど細部までこだわりたいですよね。施主支給であればそういった縛りがなくネットなどから好きなものを自由に選ぶことが可能です。

注意点

施主支給品によっては設置を断られる場合があります。手配する前には施工対応してもらえるかパンフレット等を見せて事前に確認しておきましょう。

メリット2.安く手配できる
無駄な中間業者を通さずに手配できるので「モノを安く手に入れられる」ということも施主支給のメリットです。季節の変わり目などモデルチェンジの際に型落ちした製品を安く手に入れたり、家電量販店では値切り交渉で更に安く手に入るケースもあります。

私の場合は施主支給する商品は事前にリストアップしておき、楽天の買い回りマラソンスーパーセールのタイミングでまとめて購入しました。期間限定ポイントも貰えてかなりお得に揃えることができました。

注意点

施主支給で商品は安く購入できたとしても物によっては取付については施工費がかかります。トータルで考えたら住宅会社に任せておいた方が良かった…。ということもありますので施主支給とするか決める前に施工費を先に確認しておきましょう。

施主支給のデメリットとは

それじゃあ資材はなるべく支給しようと思ってしまうかもしれませんが、施主支給にもデメリットがありますのでしっかり理解・納得した上で進める必要があります。

デメリット1.保証の対象外となる
自分で手配した商品が壊れていたりしても何も保障してもらえません。それだけでなく、施主支給した商品が原因で他の設備に損傷を与えてしまった場合にそれらの補修や復旧にかかる追加工期の費用もすべて自己負担となるので注意が必要です。例えば支給した備品の漏電が原因で設備が燃えたとしても何も保障してもらえません。

デメリット2.手間がかかる
建築工程に合わせて自分でタイミングを合わせて支給品を搬入しないといけません。支給品によっては搬入日が遅れてしまえば建築工程に影響が出てしまします。特に今はコロナ禍で色んなところで納品が遅れていますので特に注意が必要です。また手配する商品の規格(型番、サイズなどなど)が正しいか、今の家に設置できるタイプのものなのか、などの事前確認も自分でやる必要があります。

工期が延びて施工費が上がる可能性も…

施主支給の設備が予定日に届かないと予定していた工事を行えず、それによって他の工事もできなくなります(ex.洗面台の水栓が届かないと配管工事ができない。そうなると内装工事が始められない)。工期が延び、施工費も余計にかかる可能性があります。

施主支給に向いている物・向いていない物

なんでもかんでも施主支給するというわけにもいきません。そもそも施工会社によっては施主支給を受けていない場合や、受けていても対応してもらえる物が限られている場合があるため詳細は施工会社に確認が必要です。

施主支給に向いている物とは?
「引渡し後に自分で取り付けたり交換できるもの」が一番向いています。納品が遅れてしまっても引渡しのスケジュールには影響しませんし最悪自分で取り付けることも可能です。例えば、タオルハンガーやトイレットペーパーホルダーなどです。

照明器具も施主支給に向いていて私も沢山支給しました!ただ、埋め込み式のダウンライトは何かあったときに面倒なので住宅会社にお願いしました。

施主支給に向いていない物とは?
納品トラブルにあった場合に全体工期に影響するような資材系は向いていません。特にユニットバスやキッチンなどの設備機器はガス・水道の配管位置の調整が必要なので事前に取付業者や納品業者などと打ち合わせが必要なのですが、それらは施主自身が調整しないといけません。手間もかなりかかってきます。また仮に問題なく設置できたとしても設備機器の設置はとても難しいので水やガス漏れなどのトラブルが後々発生しないとも限りません。その時も全て自分で解決しないといけません。施主支給品は住宅会社からの保証が一切受けられなくなってしまうので、心配な部分はお願いするようにしましょう。

水回りで水漏れが起こって壁がカビで腐敗したとしても住宅会社は保証してくれません。

ポイント

施主支給ができるかどうかは会社によってルールが異なってきますし、会社によっては全く受け付けていない場合もありますので、どの会社と契約するのかを検討する段階から「施主支給が可能なのか」ということを選定条件に考えておく必要があります。

「タウンライフ」であれば自分に合った注文住宅会社を無料で紹介してくれますので、是非一度相談してみてください。

我が家の実例付き!施主支給のおすすめランキング

ここまでは施主支給のメリット・デメリットや施主支給に向き不向きなものについて解説してきましたが、ここからは施主支給でオススメのものをランキング形式で紹介したいと思います。

BEST1:トイレットペーパーホルダー

一番のおすすめはトイレットペーパーホルダーです。施主支給しなかった場合でも設置作業はもともと発生するので施工費を新たに取られることがない場合もあります。ドライバ一つあれば設置可能なので最悪自分でつけることも可能です。

注文住宅で施主支給したトイレットペーパーホルダー
施主支給したトイレットペーパーホルダー

住宅会社で選択できるペーパーホルダーの種類が少なく、気に入ったデザインのホルダーがありませんでした。1階のトイレは来客者も利用することもあるのでKAWAJUNのペーパーホルダーを支給しました。

BEST2:タオルハンガー

こちらもドライバー1つあれば設置可能ですしサイズも小さいので持ち込みも楽です。早めに購入しておいて、現物を持ち込んで現場で位置合わせをしたうえで設置してもらうようにしましょう。図面上だけでは思ったいたより高い・低いなどが起こる場合もあるので、設置位置は設計士さんの意見も参考に決める方が間違いはないかと思います。

我が家は2階のトイレや洗面所のタオルハンガーを施主支給しました。

注文住宅で施主支給したタオルハンガー
施主支給した洗面所のタオルハンガー
注文住宅で施主支給したトイレのタオルハンガー
施主支給したトイレのタオルハンガー

BEST3:照明器具

インテリアコーディネーターさんに提案いただいた照明プランでは埋め込み型のLEDダウンライトがベースとなっていました。LEDなので定期的に電球を交換する必要は無いもののLEDの寿命が来た場合は専門業者さんに交換してもらうことになります。住宅会社にはシーリングソケットだけを設置してもらい、照明は施主支給にしました。

ダイニングテーブルの照明用にダクトレールを採用
ダイニングテーブルの照明はダクトレールを採用

ダイニングテーブルのライトは入居のギリギリまで決め切れなかったので、位置の変更も可能なダクトレールにしました。ダクトレールにはS字フックをかけるパーツがホームセンターにも売っているので、装飾品を吊るすことも可能です。

ダクトレールにはS字フックで飾り付けが可能
ダクトレールにはS字フックで飾り付けが可能

総重量には注意が必要ですが、我が家ではドライフラワーなど軽めの飾り物を引っ掛けています。

BEST4:カーテン

カーテンは窓のサイズから必要な長さは決まりますし、多少大きなサイズを買ってしまっても問題なく使えますので施主支給しやすくてオススメです。

ただしカーテンレールについては自分で設置する場合は水平になるように気をつけながら脚立に乗って作業しないといけませんので、不安があるようであればカーテンレールは住宅会社に設置してもらう方が良いです。

BEST5:鏡

我が家の玄関ホールには手洗い洗面を設けているのですが、全体の雰囲気に合わせて鏡は施主支給しました。

注文住宅で施主支給した玄関洗面の鏡と照明器具
施主支給した玄関洗面の鏡と照明器具

鏡のサイズによっては下地に補強が必要な場合もあるので、鏡を設置する場合は事前に確認をしておくようにしましょう。私が選んだ鏡は石膏ボードに設置できるタイプの鏡を選んだので問題ありませんでした。

ちなみにここで写っている照明も施主支給した商品です。

BEST6:造作棚

造作棚も施主支給にするにはオススメです。契約する工務店によっては現場作業で余った廃材を使ったりして棟梁のご好意で施工してくださったりしますが、私が契約したミサワホームではほとんど現場作業での廃材がでません。その為、キッチンのカップボード側にある壁には飾り棚を2段用意するつもりでした。いざ見積もりをお願いすると1枚で数万円もかかってしまうと言われてしまったため、壁補強だけをお願いすることにて、自分達で用意することにしました。

注文住宅で施主支給した自作の飾り棚
施主支給として自作して飾り棚

ホームセンターで買ってきた板をブライワックスで色見をつけた後、ネットで購入したアイアンの金具で止めただけですが、とても気に入っています。

施主支給というと「コスト削減」を思い浮かべますが、自分達も家づくりに参加できて、家により愛着が湧くというのも施主支給の良い点ですね。

まとめ:ポイントをおさえて賢く施主支給をしよう

今回は施主支給について紹介させていただきました。施主支給は施主にとってメリットもありますが、何かと施主の手間が増えるのが施主支給です。あまり深入りすると何かと施主自身も思った以上に手間がかかったりトラブルになって後悔してしまうこともあり、楽しいはずの家づくりが台無しになってしまします。

施主支給に向き不向きなものを見極めて、施主支給を上手に利用しましょう。

オススメ

「どうやって進めたらいいのかわからない」「施主支給に柔軟に対応してくれる建築会社はどうやって選べばいいの?」住まいづくりにあたって、このような思いを抱いているなら、ぜひタウンライフに相談をしてみてください。タウンライフでは私たち施主の要望を聞いて、それを叶えてくれそうな会社を無料で提案、紹介してくれます。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アラフォーパパ

ミサワホームで念願のマイホームを手に入れたアラフォーパパ(2児)です。マイホーム計画中に独学で勉強したことや住んでみて気づいた事をベースに暮らし・子育てに関わる情報を発信しています。

-インテリア・設備
-, , , ,