間取り

キッチンの回遊動線って本当に必要?メリット・デメリット徹底比較!ポイントは「あの人」!

キッチンや洗濯などの家事スペースを中心にした「回遊動線」のある間取りがとても人気です。どこにいても最短距離の家事動線となったり家族の往来がスムーズで移動のストレスも少なくなる等、メリットがたくさんあってオススメの間取りとなっています。

しかし、回遊動線にも注意しないとデメリットにもなりえる部分が多々あります

今回は回遊動線のメリット、デメリットについてご紹介いたします。回遊動線を検討の方や間取りで失敗したくない方はぜひ参考にしてください。

こんな方におすすめ

  • キッチン周辺の間取りを検討中の方
  • 回遊動線にしたいと考えられている方

回遊動線のメリット・デメリット

まずは回遊動線のメリット、デメリットについて紹介します。特にデメリット部分については間取り検討時に設計士さんに教えてもらったことなど、実際に家づくりをするまで気づかなかった事もありましたのでぜひご覧ください。

回遊動線のメリットとは?

アクセスルートが増えて混雑時に渋滞にならない
例えば洗面所へ行きたい場合に複数からアクセスできるようにしておけば、朝の身支度で混雑している時も家族とぶつかることもなくスムーズに行き来ができます。

移動時間を短縮できて家事効率が上がる
例えば「玄関→キッチン」と「玄関→洗面所→キッチン」の2つの動線を用意しておけば、買い物から帰ってきて直接キッチンへ食材を運べますし、洗面所で手を洗ってそのままキッチンへ向かうということも可能です。

洗濯機をまわしながら食事の準備をしたり、同時並行で家事をする事が多いですので、特に最近はキッチン、洗面、風呂などの水回りを回遊できる間取りが人気です。

家が広く感じる
回遊動線を取り入れると行き止まりが減るので開放感のある空間を作ることができる為、家全体が広く・大きく感じられます。

「まだ奥まで続いているの?」と錯覚する為、広く感じるわけですね。

回遊動線のデメリットとは?

延べ床面積が狭い場合は窮屈に感じる
回遊動線を実現するには収納スペースとなりうる壁を取り除いて通路を確保するだけでなく、熱効率を考えるとドアも新たに設置する必要があります。

家具の配置スペースまでしっかり考えたうえで間取りを決めないと「ドアの開閉や人が通るスペースを確保したら欲しかったダイニングテーブルが置けなくなった」となったり、収納スペースが足りなくなる可能性があります。

個人のプライバシーを確保しにくい
家事効率を考えて洗面所や浴室へ行けるルートを増やした回遊動線にした場合、入浴時に人の出入りが気になってしまったり、片方のドアが開いているのに気づかず浴室から出てしまって他の部屋から丸見えだったという事にもなり得ます。気になる方は目隠しとなる室内カーテンを設けたり脱衣所の全てのドアに鍵をつけるなど配慮が必要です。

娘さんがいらっしゃるご家庭はドアを開けっぱなしにしていても玄関やリビングなどから視線が通っていないか特に気にされた方がよいかと思います。

構造的に弱くなる可能性がある
建築基準法で定められた耐震性は担保されていますが、2000年に施行されたものですので、その後の東日本大地震や直下型の熊本地震のことは反映されていません。回遊動線は行き止まりとなるような壁を減らして通路のを作っていく為、構造的に弱くなる可能性があります。

住宅会社によっては独自の耐震基準を設けていたりするので間取りによっては回遊動線を実現できない場合もあります。

乳幼児の侵入防止の柵を設置できない
キッチンへの回遊動線を作ったことで侵入経路が多様化し壁も少ないので乳幼児が入ってこないためのゲージ(突っ張り棒)をつけられない場合があります。特に小さい子どもは何かと走り回るので回遊動線を導入されたい場合はどこでゲートを設置するのかも検討する必要があります。

私が回遊動線をやめた理由

我が家も最初は回遊動線を検討していたのですが結局採用しませんでした。その理由についてもご紹介させて頂きます。

収納スペースを優先

キッチンから洗面所へ行く動線を繋ぐためにはいくつか壁を取り除く必要がありました。しかし、我が家は食材のストックが無いと不安なタイプだったので回遊動線は諦めて壁を残し、その代わりに稼働棚を設けてパントリーとしました。

コロナ禍で急遽引きこもることになりましたが普段から保存食や食材をストックしていたので乗り切れました。

料理中に人が往来して危険

キッチンや浴室を含めた回遊動線にした場合、タイミング次第では「風呂上がりにお茶を汲みにくる人」「配膳を手伝う人」「料理を作る人」それぞれがキッチンを往来する可能性があります。

キッチンでは揚げ物をしたり包丁を使っていたりする為、万が一のことを考えると料理の作業スペースを通路にしたくなかったので回遊動線は採用しませんでした。

マイホームができて私も少し料理をする機会が増えましたが、キッチンが通路になってしまうと危ないなと私は思いました。

ポイント

スマホで要望を伝えるだけで自分達に合った間取りを無料で作成してもらえます。

回遊動線をやめる代わりに工夫したこと

回遊動線を諦めても快適に暮らすポイントはたくさんあります。最後に我が家で工夫してポイントをご紹介いたします。

冷蔵庫は誰でもアクセスしやすい位置に

回遊動線をやめたとしても家具の配置次第ではキッチンの作業スペースと人が往来する動線が重なってしまいます

その主たる原因は冷蔵庫です。

料理をしながら冷蔵庫から調味料や食材を取り出すことが多いため、コンロの後ろなど作業スペース内に冷蔵庫を設置するパターンが多いかと思いますが、我が家は冷蔵庫をキッチンの入り口に配置しました。

冷蔵庫位置の工夫ポイント
冷蔵庫をキッチンの入り口へ移動

料理中であっても飲み物を取りに行っても安全ですし、食事中に「ソースが欲しい!」となってもテーブルから近いので便利です。

冷蔵庫のスペースを確保する

冷蔵庫の位置を変えただけでは冷蔵庫を開けているとキッチンの入り口が塞がれてしまいます。その為、カップボードと横並びになるように少しだけ冷蔵庫の分だけ奥行きを設けました

冷蔵庫配置の工夫ポイント
冷蔵庫の扉を開けても十分なスペースを確保

冷蔵庫本体の奥行きだけでなく、扉を開いた分まで考慮してスペースを取るようにしました。

まとめ

今回は回遊動線について紹介させて頂きました。

「回遊動線が人気だから」という理由で採用するのではなく、メリット・デメリットを理解した上で、自分達がどんな不満を持っていて、回遊動線を取り入れるとそれが解消するのかをしっかり考えることがとても大切です。

メリットデメリット
・アクセルルートが多い為、混雑回避が可能
・移動効率が良い
・家が広く感じる
・延床面積次第では窮屈になる
・耐震性が落ちる場合がある
・プライバシーを確保しにくい
・乳幼児侵入防止ゲートを設置出来ない場合がある
・収納スペースが減る場合がある
回遊動線のメリット・デメリット

我が家は最終的にキッチン回遊動線をやめる代わりに冷蔵庫の位置を変更するという案は設計士さんとの打ち合わせの中で出てきたアイデアでした。

普段の生活の中で困っていることとやどんな生活をしていきたいのかを伝え、その意図を汲みとって自分達のイメージに合う間取りを設計してくれる設計士さんに担当してもらけるかも家づくりではとても重要になってきます。

必見です!

ポイント

自分達の生活スタイルにはどんな間取りや住宅会社にお願いすればいいのか分からないという方は「タウンライフ注文住宅相談センター」をオススメします。

希望の間取りや理想の会社を専門家の立場からメリットばかりではなく、デメリットも考えて沢山提案してもらえるのに全て無料です。

【無料】注文住宅相談センターの詳細はこちら!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

アラフォーパパ

ミサワホームで念願のマイホームを手に入れたアラフォーパパ(2児)です。マイホーム計画中に独学で勉強したことや住んでみて気づいた事をベースに暮らし・子育てに関わる情報を発信しています。

-間取り
-, , , , ,